上司と部下

なんだこの釈然としない気持ちは。






部下がどうしても出勤できない日と私の休日がカブる。


代わりがいないので休み返上で出ることに。


それに気付いた部下に「ありがとうございます、代わりにこの日休んでいいですよ。」と言われる。


え?自分は希望する日に休みを取って、おれは休みを君に決められるの?


おれだって休みたい日に休みたい。なぜおれだけ休みを人に決められなきゃいかんのだ。でも確かにその日に休まないとおれこの週休める日ないな。


ん、待て待て。おれが休み返上して出勤する時点で君だって本来その日は休める日じゃないわけだろ?


モヤモヤしたまま部下に休みを勧められたその日を迎える。休もうか、休むまいか。


なんか言われたとおり休むのが釈なので昼から出ることに。


出勤するとその部下から「あれ?今日休むんじゃないんですか?来るなら来るで言ってくれないと困ります。だいたい今日出勤なら本来朝からじゃないですか。」と。


あまりの想定外な、規格外な切り口に腰が砕ける。


当日までハッキリしなかったおれも悪いかもしれんが、君のおかげでおれのシフトが不安定になってるわけで、今日だってそのことがなければ普通に朝から出勤していただろうし、そもそも悩まんでもいいことで悩んでるわけで、その辺配慮できないものでしょうか。というかせめて指摘されるとしても君には言われたくなかった。


明日はその休日出勤の日。良かれと思いそうしたのだが、果たしてどんな気持ちで出勤したらよいものやら。


一番納得のいく答え。以前直接言いましたが、やはりあなたのことは上司と思うことにします。








[PR]
# by weljun | 2015-03-04 00:00

じてんしゃトーマス

f0008160_1128348.jpg



タイトルと画像は一切関係ありませんが、

今年も花粉症始まりましたね。


とめどないくしゃみ鼻水でフラフラ。

薬を飲めば眠気と喉の渇きでクラクラ。

春ってやつはもうたまらないぜ。



ただでさえ苛立つ季節というのに、

最近叱らなければいけない局面が多々あります。


基本的に叱るのが苦手なタイプですし、

言われなくても気付けよというところがあるので、

いざ叱ろうという時にはだいぶたまっています。


悪い性格だとは思っておりますが、

でもいつだって私が怒ることは当たり前なことばかりです。

だからこそあまり言いたくはないのです。

もうそんなことまで言わすんじゃねえよってやつです。




自分も大した人間ではないからこそ

できれば人を叱りたくはないのですが、

これは自分を甘やかす考え方とも言えますね。


響く人、響かない人ありますが、

心を鬼にしてきちんと向き合う所存であります。





少し報告が遅れましたが、

よっしーこと河内淑郎もめでたくパパになりました。



親になるというのは人生においてとても大きなことですね。

自分の遺伝子を持った新しい命に名前を名付け、

新しい人生を見守るという新たなステージ。


きっと可愛くて可愛くて仕方がないでしょうし、

私もそのまだ見ぬ景色が本当にうらやましい。



しかし「親の顔が見たい」なんて言葉があるように、ある意味子は分身。

甘やかされて育った子は上記したように後に損をすることになるので、

そこは親がしっかりしなければいけませんね。

「三つ子の魂百まで」は結構納得できることわざです。



いい具合によっしーにプレッシャーがかかってしまったところで。笑

よっしー本当におめでとう!!







[PR]
# by weljun | 2015-03-03 00:00

ハッピーバレンタイン

大好きなチョコレート。

今年もたくさん頂きました。


義理であろうと何であろうとプレゼントはプレゼント。

そこに「気持ち」がある以上、嬉しいに決まっています。


みなさん心からありがとう。




そしてなんと今年は男性スタッフからも頂きました!


f0008160_4143351.jpg


私が大好きな芋焼酎「赤霧島」。

3月10月、年2回の限定生産なので

2月なんてなかなか手に入りにくいはず。


でも何より、

私が好きだと言った酒を覚えててくれたことが本当に嬉しいし、

変な意味ではなく、男からってのがまたなんとも嬉しいのです。

(お互いそっちの人ではありません笑)





ほんとは今日開けたいけど、

まだ大事に取っておきます。




プレゼント。


そこに在るのは「もの」ではなく「気持ち」です。


探したり、選んだり、迷ったり、買ったり、作ったり、運んだり。

自分などのためにそれをしてくれたのだと思うだけで、

大袈裟ではなく胸がいっぱいになるのです。




おかげで今夜はとても幸せな「気持ち」です。

ハッピーバレンタイン。








[PR]
# by weljun | 2015-02-15 00:00

夢の途中

吉井和哉/夢の途中(来生たかお)




本来よく聴くと女々しさの最高峰にあるようなこの曲。


気持ち悪い男が歌えば鳥肌が立つほど気持ち悪い歌になってしまうが、

こうして色男が歌えばその女々しさすら美しい。




あぶないからカラオケでは歌わないようにしよう。







[PR]
# by weljun | 2015-02-14 00:00

2015も男子会

1月下旬、新年一発目の男子会に行って参りました。


今回はA氏が来れなくなり、I氏とYさんの三人で。

錦にて。

久しぶりに大いに飲み、大いに羽目を外し、

ベロンベロンで早朝5時頃帰宅致しました。

後半記憶が断片的です。



いやあ楽しかった!




そして2月、間髪入れず新年二度目の男子会はランチ。

今度はYさんが来れずいつもの三人。

A氏ピックアップの素敵な和食屋さんの個室でワイワイ。




仕事のことやプライベートのこと、

何でも話せる大人の男4人。

30代後半になってこんな楽しい付き合いが待っているとは。



人生ってやっぱり捨てたもんじゃないね。

今までいろいろあったけど。



年末、暮れの暮れに実はI氏の店に急に遊びに行ったのですが、

男二人、サシで飲みながら結構真面目な話をしまして。


彼は少し悩んでいたのですが、その時の私の話を信頼し、

今はすっきり視界が晴れたとランチの席で言ってくれたのが嬉しかった。



お互いに讃え合い支え合いひやかし合い。

良き友を持つことが人生の全てなんじゃないかとさえ思うほど、

かけがえのないものを頂いた気分です。




勝手に盛り上がっちゃってすみません。








[PR]
# by weljun | 2015-02-08 00:00

空洞です


ゆらゆら帝国/空洞です



久しぶりに聴いてみたけれど、

やっぱりいいですね。



ぼくの心をあなたは奪い去った

おれは空洞

でかい空洞









おまけ


ゆらゆら帝国/星になれた



胸がいっぱいになります。






[PR]
# by weljun | 2015-01-26 00:00

巣立ち

この春、内定が決まった学生のアルバイトの皆さんが続々巣立ってゆきます。

中には愛知県を離れる者もいますし、とても寂しい気持ち。

教師ってこんな感じなのかななんて思ったりして。



私が人事を担当するまで、学生アルバイトはほとんど採らなかったようですが、

私は初めから率先して学生を採りました。


それまで採らなかった理由は、「すぐ休む、すぐ辞める」だったそうですが、

結局私が採用した子たちは皆一年二年頑張ってくれました。

休む時も学生同士で穴を埋め合って助けてくれました。

それが叶わない時も私は許しました。

皆とても真面目で、穴を開けることにきちんと責任を感じてくれていたからです。


「ありがとうございます。」

「すみません。」

皆礼儀正しく、本当に素晴らしい若者たちでした。




いつの間にか送り出す側の立場になっていてちょっぴり切ないのですが、

でも彼らに触発され、元気をもらい、希望をもらい、

私も負けてられないという気持ちが湧き上がりました。




「ブラックバイト」と呼ばれる雇用主の皆さん。

どんな仕事であれスタッフともっとちゃんと人間として向き合い

血の通った職場作りを心掛けてみましょう。

問題はそちら側にあると私は思います。


私が彼らとの別れがこんなに切ないのは、

そういう関係を築けていたからだと勝手に自負しております。



一方的な思い込み、思い上がりでも構いません。

私はこの切なさがなにより嬉しいのです。







[PR]
# by weljun | 2015-01-13 00:00

2015

大変忙しい年末年始でしたが、

無事に年を越し、2015年も元気にスタート。



元旦から仕事ではありましたが、なかなか面白いお正月でした。


我が社内には非情な格差がありまして、

私が担当する現場には会社主催の忘年会はありませんでした。

更に元旦出勤のスタッフにも特に手当はございません。

(忘年会があった部署は更に年末年始もお休み。)

これはかわいそうだ!ということで、ビールやら鍋やらお菓子やらを振る舞い、

仕事は程々にみんなで楽しく騒いで過ごしました。


いい酔い方も悪い酔い方も存在しましたが(笑)、

いやあほんとに楽しかった。

みんなも楽しんでくれたかな。




明くる2日も出勤しまして、年末から続いた15連勤が無事終了。

そして明日から久しぶりの二連休。


退社後急いで高校のクラス会が行われる豊橋へ移動。

到着が遅かったため三次会からの参加。


再会を楽しみにしていたJ氏にすれ違いで会えなかったのは残念でしたが、

皆愉快な37歳に仕上がっていて安心致しました。

(男子のハゲ率0パーセント。優秀!)



その後かっちゃん家にお泊まりし、可愛い子供たちとワンちゃんとワイワイ。

3日はハルキとも会い豊橋版男子会。


名古屋での男子会といい、どうやら馬の合う仲間で集まるなら

3人がちょうどいいみたいですね。


短い時間だったけど、カツノリ、ハルキ、ありがとう。



2人と別れてから実家へ。

11月に祖母の葬儀で会っているので、母とはそこまで久しぶりではなかったですが、

それでも本当によくしゃべる親子です。


飲んで食って寝て飲んで食って。

ひたすらのんびりし、4日に名古屋へ帰還。

自宅が久しぶりに感じたのは有意義な充実した時間を過ごせた証しでしょう。


ありがとう心の故郷、豊橋の皆さん。




今回も癒しまくってくれた実家の猫たちのナイスショットを。


f0008160_232851.jpg

美貌。

f0008160_232983.jpg

見つめ合う。

f0008160_2321017.jpg

襟巻き。

f0008160_2321177.jpg

ダイエットに成功、手が揃うようになりました。

f0008160_2321242.jpg

暖房大好き。



本年もよろしくお願い致します。







[PR]
# by weljun | 2015-01-09 00:00

ネバーランド

さすが年末、忙しいね。


深夜2時に仕事を終えて帰宅。

テレビをつけたらジョニーデップの「ネバーランド」上映中。

吹き替え版なのが残念だけど

疲れも眠気も忘れ見入ってしまう。



私はこの映画がほんとに好きです。



懐かしい。

映画館で観た時の感動。

何度観ても泣いてしまいます。


f0008160_4444844.jpg

この素晴らしいラストシーンで。



バリのような人間に、大人に、父親になれたら。



時は経っても、生き方は変わっても、

意外と人間そう簡単には変わらないものですね。




2014年ももうあと少し。

少しずつ歳を取るけれど

いつか叶うと信じて。



ネバーランドで会いましょう。






[PR]
# by weljun | 2014-12-27 00:00

カクレミノ

正直私は税金が上がるのも覚悟はできてますし、

経済の不安もまだそこまで心配しておりません。


現に税金だなんだでお給料から約5万円を引かれ、

一年をかけてそれが緩やかに6万円に増えました。

役職について一年、まさか手取りが一万減るとは思いませんでしたが、

今のところまだ許容範囲。

だって食えてるんですから。



そんなことより、今「覚悟」ができておらず、

そしてなにより「心配」なことは、

日本が戦争に加担していくのではないかという不安。


アベノミクスや景気回復はカクレミノ。

本題はそっちです。



戦争をする国になるくらいなら

貧乏になるほうがまだいい。



いつか、近い将来、

人ごと、遠い国の話ではない時がやって来ます。


選挙は唯一国民が国政に関われる貴重な機会。


投票に行かなかった50%の人たちは
変わっていく日本をどうか驚かないであげて下さいね。






[PR]
# by weljun | 2014-12-16 00:00


三上淳(nora , ex THE WEL-CHAMELEON)のオフィシャルブログ。 


by weljun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

real dead or d..
at 2017-02-01 00:00
2017
at 2017-01-25 00:00
コントラスト
at 2016-12-07 00:00
飛び石連休
at 2016-11-26 00:00
みかみおやすみ
at 2016-11-25 00:00

記事ランキング

画像一覧

リンク

三上淳(ミカミジュン)とは。





THE WEL-CHAMELEONとは。



amazon.co.jp



noraとは。



nora 2012 5/12
栄ミナミ音楽祭
@cafe Estrella




その他のジャンル

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項